MAKE YOU SHINE

きみにスポットライトをあてたい

ファンレター

手紙について、書きたいと思っていたので書くことにする。

 

・封筒と便箋

好きな柄のレターセットを使ったり、真っ白の便箋にシールでデコレーションしたり、自分がその時に使いたいと思ったものを使う。

推しくんが好きそうとかは気にしない。

デコレーションするときは、作品のストーリーにちなんだ柄のシールを貼ったり、テーマカラーに合うマステを貼ったりする。

基本的に劇場に預けるときも、封筒には自分の住所と名前を書く。

初めて書いたときにネットで作法を調べたら、書いた方がいいって見かけたので。

便箋には自分の名前とアカウント名。

ただ、前の記事に書いたけど本名を覚えてくれているようなので、もうアカウント名は書かなくてもよいのかな…?と戸惑っている。

返事は来ないことが当たり前だと思っているし、もらったこともないです。

でも、いつかもらえたら嬉しいな。

ペンはジェットストリームが好き。0.5を使っています。

フリクションも便利じゃん~!と思って使ってみたけど、なんか液がだぼっとするのが苦手で使わなくなった。

消せるのは便利なんだけど…

 

・下書き

メールツールで下書きしています。

漢字が確認できるのがよい。

分量もだいたい把握できる。

そして、「やっぱりここは言わないほうがいいかも」とか、「話の繋がり方こっちにしたほうがいいかも」って推敲できるのもよい。

あとは自分の手元にも残しておけるから同じ話を繰り返さなくて済んだり、「この言葉を推しくんも読んでいるかもしれないのか…」ってドキドキしたりできるよ。笑

 

・書き出し

フルネーム+様

こんにちは。〇〇ご出演おめでとうございます。とかかな?

舞台で何度目かになると困るね。

「〇日の公演を観ました」とか書いていた気がする。

 

・本文

推しくんの演技については、ここが好きだったとか楽しかった、というのを書く。

演技の解釈とかは書いたことないかもしれない。

あとはストーリーについて書くことが多い。

この話を見てこう思ったとか、こういうところが自分に重なったとか、逆に自分と違うと思ったとか、こんなことを思い出したとか。

トーリーは推しくんが作ったものではないのに、これもらって嬉しいのかな…?とは思う。

ほかには、推しくん本人の言葉(ツイッターとか挨拶とか)について思ったこととか、自分が影響を受けたことを書いたりする。

 

・締め

「それでは、お体ご自愛ください」的な一言で終わる。

あとは日付と、自分の名前(本名+アカウント名)を書いておしまい。

 

・枚数

2枚で収まるようにしたいけど、たまに3枚目に突入しちゃうときは申し訳なくなる。

 

・頻度

現場では観劇の日につき1通。

事務所に出すのは今のところ月1ペースだけど、過去作もだいたいひととおり見たのでこれ以上伝えることがなく、次の舞台までは書くことなさそうだなぁって感じです。

 

・その他

推しくんだけじゃなくて、関わった人たちにお手紙を出す場合もあります。

テレビ局や出版社、配給会社、監督、演出家など。

もちろん推しくんのことだけじゃなくて作品の感想をメインで書くけど、そうすることで「感想まで送ってくる熱心なファンがいる」って認識してもらえないかという魂胆。

いまどき感想はSNSが主流で、次いでメール。手紙は特別インパクトが強いらしい。

なので、少しでも爪痕を残せたらいいなと思っている。

実際にとても喜んでくださった方もいたので、「〇〇くんのファンが手紙をくれた」という印象が残れば次に繋がる可能性にならないかなと、わずかな希望をいだいている。

万が一こんな地道な努力が推しくんに知れていたら周りを固めていくストーカーっぽくて恥ずかしいので、周りの人たちには黙っていてほしいとは思う。

 

推しくん、お手紙読んでるのかなぁ。

封筒が写った写真はアップされたことがあるけど、中身まで読んだかどうかはわからないじゃない。

読んでどんなことを思うんだろうね。

 

広告を非表示にする

認知の話

ブログを始めたのは、匿名でこれを吐き出したかったというのもある。

 

私は推しくんに認知をもらっている。

なんせフォロワーも少なく、純粋な同担も見つけられないくらいだ。

bioに推しくんの名前を書いている人を見たことがない。

 

ほかの若手俳優と遊んだというツイートには、おこぼれを期待してフォローしているその人たちのファンがリプを飛ばしに来る。

日常的なツイートにもたまにリプがつくのは、推しくんは1リプにつき1回はリプを返すからだと思っている。

だけど、出演告知に対して「観に行きます」とリプをつけるのはファンになってからというもの今のところ私だけだ。

もし私が当人だったとしたら、そりゃさすがに覚えるだろうなと思う。

 

観劇中(舞台Aとする)に数回書いた手紙には、認知してほしいというより見覚えがあれば警戒せずに済むだろうと思って、本名とあわせてSNSで使っている名前を書いていた。

 

推しくんは手紙をとても喜んでくれた。

封筒が写りこんだ写真をアップしてくれたり、「嬉しい」と言葉にしてくれたり。

ただ、それまで私がファンサとしてのリップサービスが得意なジャニオタをしていたせいで、「まぁ本当に喜んでるかどうかはわからないけどね」とつい予防線を張ってしまうのだけど。

 

そのときの舞台Aのカテコでは、何度か目があった。と思う。

手を振ってくれた。と思う。

というのも、ファンサは流れ作業だと思っているジャニオタなので、それが自分に向けられたファンサなのかが判断しかねるのです。

 

そしてある日、「観に行きます」と宣言した舞台(舞台Bとします)で、観劇後にお見送り?面会?の接触があった。

 

座席は最前で、同じ列には2ケタも人がいない。

しかもメインの女子アイドルのファンと思しきおじさんばかり。

熱心に推しくんを見ていたら、カテコで目が合った。

そのときに、ニコリと会釈をしてくれた。

勘違いかな?と思いつつ、その後の面会で推しくんの列に並んだ。

おじさんたちも舞台の感想を伝えたいようで並んでいた。

何を話そうかとドキドキしながら待っていたら、私の番になった途端、推しくんの口から信じられない言葉が出てきた。

 

「〇〇ちゃん?いつもありがとう!」

 

もう考えてたこと全部飛んだ。

まさか顔を覚えられているとは、名前を覚えられているとは、名前を呼ばれるとは。

「なるほど、こうやってファンを取り込む作戦か~!」と震えあがった。

こわい。ファンサがこわい。

気持ちもお金も時間も全部しぼりとられるほど幸せな沼に突き落とされてしまいそう。

嬉しかった。こわい。

 

「(こちらこそ)ありがとうございます」と意味不明な返しをした。

 

そのあと少しだけ質問して、お話しして驚いたのは、推しくんがとてもフレンドリーな人だったということ。

ツイッターではほぼ絵文字も使わない文面でクールな人なのかと思っていたし、リプも敬語でほどよい距離感があったのだけど、話してみるとくだけた印象でタメ口まじりで、優しいお兄さんって感じだった。

ファンサなのか自然な行動なのかがわからない。

手紙で私が少しだけ年下だと伝えたせいもあるのかもしれない。

読んだかわからないけど。(毎回この予防線を張っている)

どんな距離感を保てばいいのか、まだ手探り状態だ。

 

そして今度、また彼の舞台を観に行く。

接触があるかどうかはわからない。

認知されているとわかってからの初めての現場だ。

皆さんのブログを見ていると、認知をもらうともっとファンサがほしくなりどんどん満足できなくなってしまうという流れが多くて、私もそうなるのかな…って思っている。

 

これから私、どうなっていくんだろう。

広告を非表示にする

若手俳優応援スタンス

はじめまして。

自己紹介がてら応援スタンスでも書いてみようかと。

 

・基本情報

20代。一人暮らし。関東ではない。

ジャニオタから「まさか」を転がりおちて、ド新規はじめました。

きっかけは好きなジャニの出演作品。

なぜか目を離せなくてはまってしまった。

 

推しくんについて

2.5次元俳優でも、若手俳優でもない。

映像作品もたまーーに出ているけど、エキストラ状態の方が多いかもしれない。

もっと見たい。

 

・好きになる基準

好きになったのは笑顔かな。

あと、ツイッターでの姿勢が好き。

リプすると一言だけ返してくれて、そのリプにたいしてはいいねで終わらせる。

スルーでもなく、だらだら続けるわけでもなく、あっさりしている対応がよい。

変に期待もしないし落ち込みもしない。

 

・舞台を観に行く基準

推しくんが出ているなら遠征でも行きます。

でも全通はしないかな。

行ける分だけ。

ネタバレなしの状態とネタバレありの状態で観たいので、二回は観ます。

 

・舞台以外のイベントに行く基準

お誕生日とか握手会はされていないのでよくわからない。

あったら行きたいな。

一度、お見送り的なことはありました。

緊張してほぼ何も話せなかったけど、とても優しかった。

 

・公演グッズを買う基準

パンフ以外のグッズがあったことがないのでなんとも…

パンフは買います。

 

・雑誌を買う基準

これまた載らない。

一度白黒ページに載ったことがあって、それはきちんと買いました。

出版社に感想のお手紙も送った。

見ている人がいるよって伝われば、次につながらないかなと思って。

 

・映像を買う基準

エキストラか!みたいなことも多いので、きちんとストーリーに関わっているものは買う。そして発行元に感想の手紙を送る。

 

・プレゼント・手紙について

一度だけ日用品をプレゼント(というほどでもない差し入れ)したけど、SNSをあまり更新しないからどんなものが好きなのかもわからないし、あまり入れ込みすぎてしまうのも怖くて今後はしないでおこうかと思っている。

ジャニがプレゼント禁止だったので余計に。

でもみなさんのブログを見ていると、プレゼントを選ぶのが楽しそうでとても憧れます。

私もしたいなって気持ちと、その一歩を踏み出しちゃ後戻りできない気がするっていう葛藤。

手紙は観劇の日は毎回書く。

あと、映像作品を見て感想があれば事務所に送る。

過去作もさかのぼっているけど、端役のときは「出てる!」以外に感想を持てないので、見たことも隠している。

私は少し見られるだけでも嬉しいけど、そんな感想をもらっても微妙かなと…

手紙についてはまた今度詳しく書きたい。

 

・お金

社会人なのでぼちぼち。

公演も露出も多くはないしプレゼントもしないので、あまり支出は大きくないかも。

まだド新規なので、これからどうなるかわからないけど…どうなるんだろう。

 

・普段の行動

SNSかな?

いいねはよくする。たまにリプを送る。

1週間に1回くらいしかツイートしてくれないのと、そこにもリプがついたりつかなかったりするので、せっかく更新してくれたときは反応を示したくて。

 

・同担について

SNSでリプ欄を見ている限り、「推しの〇〇くんと仲がいいから」って理由でフォローしていて、たまに推しくん絡みのツイートに嬉々としてリプしている人は数名いる。

けど、その人たちのbio欄に推しくんの名前が書かれているわけでもない。

いいねしている中にもそれっぽい人はいない。

同担はいるのだろうか…謎です。

いても別に仲良くする気はない。

別に友達を作りたいわけではなくて、推しくんだけを見ていたいので…

 

・今推しのことどれくらい好き?

まだ落ちたばかりなのでわからない。

けど、接触でかけてくれた言葉を思い出して、へら~~っとする。笑

ファンサほしいとかよりは、力になりたいって思う。

おせっかいだな。

 

・追加で私の「応援」スタンス。

映像作品にも雑誌にも、発行元に感想のお手紙を送って「熱心なファンがいますよ」アピールをしている。

舞台のアンケートも欠かさずに書く。

 

「もっと〇〇くんを見せてください!」って感じではなくて、「〇〇くんのファンでこの作品を知りました。これを見てこう思いました。ここがよかったです。」と、あくまで作品にはきちんと向き合った内容(だと自分では思っている)です。

 

そうして、「じゃあ次も呼ぼうかな」って思ってほしい。

1秒でも出演時間が増えてほしい。

役名がついてほしい。

もっと見たい。

もっと出てほしい。

 

でもね、私はジャニオタあがりで環境が違いすぎて、俳優さんって何をすれば応援になるんだろうと、まだまだ手さぐり状態です。

みなさんのブログをたくさん拝見してとても勉強になりました。

 

全通や高額プレゼントにお花って、すごい……と思いながら読みました。

ただ、私は遠征組でしがない貧乏OLなので、みなさんのようにフルスロットルでお金をかける度胸もなく…

せめて自分のできる範囲で可能な応援はほかにないものかと思って、発行元へのお手紙作戦というわけです。

あとはドラマの感想をテレビ局にメールしたり、感想のツイートやブログを書いて公式のエゴサにひっかけて、発信力のあるファンがいますよってアピールもしている。(公式からリツイートをもらうこともあり、少しは役に立てているのかなと嬉しく思っている)

 

もしご本人に伝わっていて、気持ち悪がられていたらごめんねって思っている。

思っているけど、ファンの立場でそんなことを意識する必要もない気がする。

私は推しくんの気持ちを知らなくていい。

遠い席やスクリーン越しでいい。

少しでも見られる時間が増えてほしい。

 

私がずっと追っていたのは一度に5万人を相手にするアイドルだ。

向こうから何も思われない・何か思われることを期待しないことが当たり前のように染みついている。

何か思われていても推しくんは俳優、私はファン。

その間には大きな壁がある。

だから私は壁のこっち側で、思いつく限りの応援を投げていきたいと思っている。