MAKE YOU SHINE

きみにスポットライトをあてたい

ファンレター

手紙について、書きたいと思っていたので書くことにする。

 

・封筒と便箋

好きな柄のレターセットを使ったり、真っ白の便箋にシールでデコレーションしたり、自分がその時に使いたいと思ったものを使う。

推しくんが好きそうとかは気にしない。

デコレーションするときは、作品のストーリーにちなんだ柄のシールを貼ったり、テーマカラーに合うマステを貼ったりする。

基本的に劇場に預けるときも、封筒には自分の住所と名前を書く。

初めて書いたときにネットで作法を調べたら、書いた方がいいって見かけたので。

便箋には自分の名前とアカウント名。

ただ、前の記事に書いたけど本名を覚えてくれているようなので、もうアカウント名は書かなくてもよいのかな…?と戸惑っている。

返事は来ないことが当たり前だと思っているし、もらったこともないです。

でも、いつかもらえたら嬉しいな。

ペンはジェットストリームが好き。0.5を使っています。

フリクションも便利じゃん~!と思って使ってみたけど、なんか液がだぼっとするのが苦手で使わなくなった。

消せるのは便利なんだけど…

 

・下書き

メールツールで下書きしています。

漢字が確認できるのがよい。

分量もだいたい把握できる。

そして、「やっぱりここは言わないほうがいいかも」とか、「話の繋がり方こっちにしたほうがいいかも」って推敲できるのもよい。

あとは自分の手元にも残しておけるから同じ話を繰り返さなくて済んだり、「この言葉を推しくんも読んでいるかもしれないのか…」ってドキドキしたりできるよ。笑

 

・書き出し

フルネーム+様

こんにちは。〇〇ご出演おめでとうございます。とかかな?

舞台で何度目かになると困るね。

「〇日の公演を観ました」とか書いていた気がする。

 

・本文

推しくんの演技については、ここが好きだったとか楽しかった、というのを書く。

演技の解釈とかは書いたことないかもしれない。

あとはストーリーについて書くことが多い。

この話を見てこう思ったとか、こういうところが自分に重なったとか、逆に自分と違うと思ったとか、こんなことを思い出したとか。

トーリーは推しくんが作ったものではないのに、これもらって嬉しいのかな…?とは思う。

ほかには、推しくん本人の言葉(ツイッターとか挨拶とか)について思ったこととか、自分が影響を受けたことを書いたりする。

 

・締め

「それでは、お体ご自愛ください」的な一言で終わる。

あとは日付と、自分の名前(本名+アカウント名)を書いておしまい。

 

・枚数

2枚で収まるようにしたいけど、たまに3枚目に突入しちゃうときは申し訳なくなる。

 

・頻度

現場では観劇の日につき1通。

事務所に出すのは今のところ月1ペースだけど、過去作もだいたいひととおり見たのでこれ以上伝えることがなく、次の舞台までは書くことなさそうだなぁって感じです。

 

・その他

推しくんだけじゃなくて、関わった人たちにお手紙を出す場合もあります。

テレビ局や出版社、配給会社、監督、演出家など。

もちろん推しくんのことだけじゃなくて作品の感想をメインで書くけど、そうすることで「感想まで送ってくる熱心なファンがいる」って認識してもらえないかという魂胆。

いまどき感想はSNSが主流で、次いでメール。手紙は特別インパクトが強いらしい。

なので、少しでも爪痕を残せたらいいなと思っている。

実際にとても喜んでくださった方もいたので、「〇〇くんのファンが手紙をくれた」という印象が残れば次に繋がる可能性にならないかなと、わずかな希望をいだいている。

万が一こんな地道な努力が推しくんに知れていたら周りを固めていくストーカーっぽくて恥ずかしいので、周りの人たちには黙っていてほしいとは思う。

 

推しくん、お手紙読んでるのかなぁ。

封筒が写った写真はアップされたことがあるけど、中身まで読んだかどうかはわからないじゃない。

読んでどんなことを思うんだろうね。